2006年05月02日

目的地の駐車場が込んでいるとき

 先日、子供たちをつれて潮干狩りに行った。干潮時の時間帯を見計り現地に車車(RV)で向かったが、駐車場は信じられないほどの長蛇の列だった。
どこも満車で、駐車場が空く時間帯には、潮があげてしまい、潮干狩りどころではなくなってしまいそうだ。すぐにあきらめ、近隣に民間の駐車場がないか、ぐるぐると住宅街に入り込み探した。まったく見当たらない。この近くに車を止めることはまず無理だと思った。潮干狩りをする浜には、車以外に公共機関の交通手段として、新都市交通電車が走っている。他の駅近くに車を止め、そこまでその電車を使うことにした・・・・

 その駅から離れること5駅目に大手スーパーがあった。まだ、店が開いたばかりの時間だったので、駐車場はがらがらで、難なく止めることができた。電車の中はそれほど込むこともなく、行き帰りは楽だった。

 以前クリスマス時期にディズニーランドに行ったことがある。会場を出たのは夜の9時だったが、駐車場から出るのに2時間以上かかったことを覚えている。

 こういうときは、アクセスの良い駐車場に停めて、そこまでは公共機関の交通手段を使うというのは、得策だと思われる。時間の節約と、うまくいけば駐車料金も大幅に節約できる。
posted by Tamzy at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

tamzy